安藤緑(フェルデンハウス北斗星 主宰)の体験談

 

 

 フェルデンクライスのレッスンは、講師の言葉を聴いて自分なりにイメージをして体を動かします。
 
日常生活ではあまりしない動きが多いので、私はすぐに力が入って緊張状態になります。

 レッスン中、『自分を観察』し『気づき』、そこから何かを学びます。

 日々、人間は変化しているのですから『気づき終わること』

『学び終わること』はありません。

 

 レッスンを繰り返し受け、脳が心地良い動きを学び、

自分の行動パターンの選択肢を増やしていくとアンバランスな

私の身体の中に『安心できる軸』が見えてくるのが不思議で

おもしろいです。


 レッスンを続けた結果、40年かけて作った身体のヨロイが

スコーンとはずれたような体験を得ました。
 

 一番強烈な体験は2006年11月3~7日に京都で行われた

フランク・ワイルドマン先生のフェルデンクライス・メソッド

ワークショップです。

 

 1、2日目は全身がゆるみ、3、4日目に38.5度の発熱悪寒で

意識がもうろうになり、最終日は37度位でぼんやりとレッスンを

受けました。

 (高熱でも参加したのは参加料がもったいないからと

いう理由だけなんですが…)

 
 「頑張らないで下さい」と講師がよく声をかけるのは、

本人は頑張っていないつもりでも外からみると頑張りすぎて

いることが多いからです。

 

 私の場合、高熱でも出さない限り「頑張ること」「力を抜くこと」を

一生手放せなかったのでしょう。

 

 フラフラになりながら「シコを踏む姿勢」をした時に初めて

「頑張っても力が入らない」ことを学びました。
 

 ただ…翌日から職場に戻ったら、頑張る私が力強く働きはじめました。

あぁ悲しい…。


 せっかくレッスンで学んでも、日常生活に戻ると長年の慣れ

親しんだやり方で身体を動かし、身体を包むヨロイが分厚くなってきます。


 ヨロイの変化がわかるということはそれだけ繊細な感覚が

身についたともいえますが、学んだことを即実践できる自分(脳)には、

まだまだなっていないわけです。

 

 「もっと楽に身体を動かしたい。もっと楽に生きていきたい。

もっと自分を大切にしたい」という想いがあふれた私は24年間勤めた会社を辞め、

フェルデンクライスメソッド講師養成コース(4年間)に入学しました。


 ちょっとした病気のある人のほうが身体に注意するので、

健康な人よりもかえって長生きしやすいという意味の

『一病息災』という言葉があります。

 現代社会においては『病気ゼロ』よりも『一病』と付き合いながら、

仕事、家事、育児、介護等をされている方が多いかもしれません。
 
 そのような方に私はフェルデンクライスをお伝えし、共に学んで、

少しでも楽で快適な毎日を過ごしていただきたいと思います。

 

 フェルデンクライスは「治療」ではなく「学習」です。

 身体のしんどさや痛みを治すのではなく、しんどさや痛みが

でてこない動きを探します。

 

 今まで使わず眠りこんでいる身体の部位たちを、小さく、

ゆっくり、丁寧に動かし、新しい動きを開発します。

 

 身体の痛みは他人に治してもらえますが、その痛みを作った

習慣を直せるのは自分だけです。

 

 身体の内側から観察できるのも自分だけです。  

 

 私は頑張りすぎている自分に気がつくと休憩や違うやり方で

チャレンジできるようになり、自分の選択や行動に自信がつきました。

 

 もともと健康に自信がある方はより自分の潜在能力を高め、

質のよい毎日になりますし、演劇、楽器演奏、ダンス、

あらゆるスポーツ等でフェルデンクライスはあなたの可能性を高めます。

                                

 ぜひ一度、皆様もお気軽に体験して下さい。

 

                

 

 

 

 

目の改善について(現在進行中♪)

 

 私は、出生時の事故で目とマブタを損傷、ほとんど右目は

ふさがったままで、11歳の時に受けた手術でやっと半開き固定

(就寝時も半開き)になりました。

 

 幼少時に左目だけで過ごしたせいか、モノとの距離感、

スピード感、立体感がわかりづらいです。


 

 両目の開き具合、視力、視野の差が大きいので頭や首を

動かす量や回数も左右差があり、首、背骨、姿勢のゆがみも

生まれたように思います。

 

 ところがここ数年フェルデンクライスのレッスンを終えたあと、

両目の開き具合が同じくらいになることが多々あるのです。

 

 パソコンで疲れたガチガチになった眼球もソフトになり偏頭痛、

首の痛み、肩こりもラクになりました。


 もともと私は膝蓋骨亜脱臼手術後の痛みをなんとかしたくて

フェルデンクライスを習い始めたので、あきらめていた目の開き具合が

変化するとは夢にも思っていませんでした。


 私の目や体を通して気づき学ぶことができたレッスンを改めてみなさんと共に学びたいと思います。

同じレッスンを受けても、気づきや学びは人それぞれです。

 

 変化が起きていても気づきを実感するまでに年数がかかるかもしれません。

 

 実感が少なくても動きを通して脳は学び続けます。

 

 あせらず、あきらめず、レッスンを継続してみませんか。

 

安藤のレッスンを受けた方の体験談

ソフトアイ・レッスンに参加された方の感想

 

 

・自分では力を入れているつもりはないのに、普段気づかな

うちに無用な力が入っていたことがわかった。

 

 

・視界の広さの左右差が大きいことに気づいた。視力の悪い方が

視野が広いのは、なんでだろう。

 

 

・レッスンが始まったときは、フスマの枠が薄っすらとしか

見えなかったのが、レッスン後はくっきりと見えるように

ったので驚いた。

 

 

・最初、全身をチェックしたときは、左右の足の長さが違ったが、

レッスン後は同じ長さになった。

 

 

・レッスン後、足裏がやわらかくなり、畳に足裏全部がフィット

した感じで安心して歩くことができる。

 

 

・イスに座るレッスンで、左右の坐骨がアンバランスだということに

気付き、仰向けのレッスンでも左右の腰の動きの違いにも気づいた。

それにもかかわらずレッスン後は左右均等になっていた。

 

 

・アンバランスな状態でやって来て、バランスがよくなって帰れることに

驚いたが、いつまでこのイイ感じが続くのか観察しようと思う。

 

 

連絡先

◆メール

anmido@willcom.com 

 

◆電話(あんどう)

070-5435-1965

072-834-3580

 

◆住所

〒572-0021 大阪府寝屋川市田井町5番26号 (北田さん方)


 

営業時間 

◆9時~21時

(最終開始20時)

 

◆不定休

 

◆完全予約制

グループレッスンは予約3名様以上で開催いたします。

48時間前までにご予約、キャンセル連絡をお願いいたします。